【初心者必見!】熱帯魚飼育に最低限必要な道具と初期費用(お金)はどれくらいかかるのか

アクアリウム日記


スポンサーリンク


熱帯魚を飼育する上で最初に疑問に思うことが、「飼育するのには何が必要で、いくらかかるんだろう・・・。」

つまり、初期費用はどれくらいかかってくるのかって所ですよね!

熱帯魚は冷水での飼育は出来ませんので、水を温める装置であるヒーターとか、色々と必要なものが多いんですね。

なので、熱帯魚の飼育は敷居が高そうだなぁ~・・・なんて思う方もいるかもしれませんが、必要最低限のモノであればそれほどコストはかからないんですね!

本格的に揃えるとなれば話は別ですが、まずは入門セットのような安価なもので飼育をしてみて、ハマれば本格装備に切り替えていくっていうのも全然アリです。

まずは、実際に熱帯魚を飼育してみて、その面白さを実感することが大切です。

ここでは、熱帯魚を始めるにあたってかかる初期費用についてご説明していきたいと思います。

 

熱帯魚飼育にかかる初期費用について

熱帯魚を飼育るために必要な初期費用は、揃える装備の種類によっても大幅に変わってきます。

例えば、水を綺麗にするための装置に「フィルター」があり、様々な種類のものがあるのですが、安いものでは数百円、高いものですと1万円以上もします。

でも、最初からそんなに高いのに手を出すのはちょっと・・・って思うこともありますよね(汗

僕も、アクアリウムを始めたころはホームセンターで安いものを揃えて飼育していました。

そして、だんだんと熱帯魚飼育が楽しくなってきて、飼育の難しい魚にチャレンジすると同時に装備も切り替えていった。。。という感じです。

という訳で、以下では「必要最低限」必要な装備をご紹介しますね!

 

「水槽」~これが無くては始まらない

まずは熱帯魚を飼育する為の「水槽」が必要ですね!

水槽にもアクリル製やガラス製と言った種類があり、さらにサイズが豊富に存在します。

当然、大型水槽であればあるほど高価で、小さい水槽であれば安価で購入できます。

目安ですが、60cm水槽で3000円前後ってところでしょう。

それよりも小さな水槽であれば1000円くらいでも、立派な水槽が購入できます。

 

スポンサーリンク

「水槽台」~水槽を設置して鑑賞力up!

水槽を置く為の「台」です。

45cm以下の水槽では、机に広いスペースなどに設置も出来ますので、小型水槽であれば必須ではありません。

ただ、60cm以上となると水量も多く、かなりの重さになるので専用の台を使用することをお勧めします。

見た目もいいですからね!

水槽台には、2段(水槽2個置ける)になっているものや、収納スペースが用意されているものなどがありますので、用途によって選ぶといいでしょう!

価格の目安としては、5000円前後を見ておけばいいでしょう。

 

あぁ、、、ちなみに、水槽を置く時は、台に専用のマットを敷くようにしましょう。

硬いガラス水槽の割れを防ぐのと、ズレを防ぐ効果があり、重たい水槽であれば絶対に必要です。



※水槽のサイズに合ったものを選んでくださいね!

水槽マットの参考価格は、1000円ほどです。

 

「照明器具」~鑑賞力を最大限に高めるライトッ!


熱帯魚飼育は、「観賞魚」とも言うくらいですから、どうせ設置するなら見て癒されるような水槽を作りたいですよね!

そんな美しい水槽づくりには「照明」が必要不可欠です。

照明器具がなければ、暗~い水槽になってしまい、もはや観賞魚は呼べず、熱帯魚などの生体にも体内時計なるものがあるので、照明器具は必ず設置しましょう!

照明にも多々種類がありますが、寿命の長いLEDライトがお勧めです。

参考価格は3000円ほど!

 

「フィルター」~水を綺麗にする必需品!



水槽の水を綺麗にするフィルターは、熱帯魚飼育には欠かせない装備の一つです。

フィルターにも色々な種類のものが存在しますが、濾過能力(水を綺麗にする能力です!)、掃除のしやすさ、価格面からいうと、初心者の方には「上部式フィルター」がお勧めです。

フィルターは、常に回しておくものなので、自分の部屋に水槽を設置する場合は「静音」の文言が入った、音の静かなものを選んだ方がいいですよ!

参考価格は3000円前後。

 

音が静かで濾過能力が最強クラスのフィルターでは「外部式フィルター」がありますが、こっちは高価です。

※ただし、メチャクチャお勧め!

フィルター選びは、下記リンクで詳しく書いておりますので、是非ご覧ください。

濾過装置が行う「ろ過」の役割と自分の水槽に合った機能を持つフィルターの選び方

 

「ヒーター」~熱帯地方と同じ水温を作り出す必要不可欠な装備!


水温を温めるための装置で、熱帯魚の水温調節はすべてコレが行ってくれます。

ヒーターにも温度調節ができるタイプと、水温固定タイプがありますが、自分で温度調節ができる「サーモスタット付き」のヒーターの方が使い勝手は良いです。

ですが、小型の水槽(45cm以下)であれば水温固定タイプでもあまり不便さは感じない場合が多いです。

高水温を好む熱帯魚の場合は、間違いなく温度調節器(サーモスタット)も必要になります。

ヒーターを選ぶ際は、自分の水槽の「水量」に見合ったW数のヒーターを選ぶようにしましょう。

参考価格は、3000円ほどです。(サーモスタットありの価格)

 

「低床(砂利)」~見た目をより自然っぽくレイアウトしてくれる砂!


水槽の底に「砂利」を敷くことで、より自然のようにレイアウトでき、観賞価値も高まります。

低床の種類も様々ですが、水草育成なら「ソイル」と呼ばれる砂がお勧めですが、崩れてバラバラになることもあるので、幅広く利用できる田砂なんかは初心者にお勧めの低床といえます。

参考価格は1000円前後。

 

低床が汚れていると細菌が繁殖して病原菌が蔓延することがあるので、プロホース(1000円くらい)を使って綺麗にするように心がけましょう!

ソイルや砂利に入り込んだ糞やゴミだけをピンポイントで取り除く便利な掃除アイテムを使ってみよう!

 

まとめてみると・・・

【装備アイテム名】 【価格】
水槽(60cm) 3000円前後
水槽台 5000円前後
水槽マット 1000円ほど
ライト(照明器具) 3000円前後
フィルター(上部式) 3000円前後
ヒーター(サーモスタット付き) 3000円前後
低床(砂利) 1000円前後
プロホース(掃除道具) 1000円くらい
【合計】約20,000円

 

実際に熱帯魚を飼うとなると、飼育する熱帯魚の価格、水草を入れる場合も水草代、水質調整剤(カルキ抜きは必須)などかかってきます。

水草を本格的に育成する場合は二酸化炭素添加器具も必要です。

 

まあ、熱帯魚を飼育する上で「最低限」必要な大まかなアイテムだと、上記で紹介したものがあれば十分飼育が可能です。

2万円であれば、犬や猫を飼うよりも断然低コストなので、手が出しやすいのではないでしょうか。

ちなみに、ペットショップとかで「〇点セット」というような、セット売りされているものでは、1万円前後でも最低限、飼育に必要なものが入ったものがあるので、さらに安く揃えたいという場合は「セット販売」されているものを探してみるといいでしょう!

 

ちなみに、オークションやフリマサイトでも中古が安く手に入れることが出来ます。

ただ、ヒーターとかフィルターのような消耗品は、熱帯魚飼育でかなり重要な役割を果たすものなので、誰かが一度使用したものを購入するのは控えた方がいいでしょう。(未使用品なら全然OK

ここで値段をケチると、逆に高くつくことが結構ありますから・・・(汗

水槽や水槽台は、意外と安く手に入るかもしれないので探してみるのもいいかもしれませんね!

※熱帯魚飼育を止めた方は、家のスペースが取られる水槽や台の処分に困っていることが多いので、安く売られていることが多いんです。

 

実際に飼育を始めると、いろんなアイテムに興味を持つようになってくると思います。

飼育に慣れてきたら、その都度で自分の気に入ったアイテム・気になる商品を使用したり、揃えていくのも熱帯魚飼育の面白さの一つですね!

スポンサーリンク