【アクアリウム】熱帯魚水槽にバックスクリーンを貼るメリットとデメリットについて

アクアリウム日記


スポンサーリンク


皆さんは熱帯魚水槽にバックスクリーンを貼っていますか?

バックスクリーンといえば、綺麗な風景がプリントされているもなど貼るだけで水槽内が見違えるほど綺麗に見せることが出来ますよね。

バックスクリーンを貼るメリットは、ただ単に見た目を良くするだけじゃなく、他にも飼育面で役立つことなどがあります。

逆に、デメリットも存在するんですね。

ここでは、バックスクリーンを貼る効果やメリットとデメリットについてご説明していきます。

 

バックスクリーンを貼る意味・効果について

バックスクリーンには、森林や川などの大自然、海など実際に足を運んでみたいような風景がプリントされているものや、全面一色のものなど様々です。

水草レイアウトであれば、黒一色のバックスクリーンは非常に合いますし、同じく水草がプリントされているタイプを合わせるのも良いですよね。

また、明るいバックスクリーンを用いることで、水槽全体を明るく見せることも可能なんですね。

とにかく、バックスクリーンの有無で見た目がガラっと変わるのは間違いありません。

 

バックスクリーンを貼るメリット

  • 壁の役割を果たし熱帯魚を落ち着かせることが出来る
  • コードや排水管を目立たなくすることが出来る
  • 貼ってあるガラス面のコケがとにかく目立たない

 

壁の役割を果たし熱帯魚を落ち着かせる

まず、バックスクリーンを貼らない水槽を思い浮かべてください。

水槽をびっちり壁にくっ付けていれば話は変わってきますが、通常は少し隙間を開けている方がほとんどではないでしょうか。

この状態だと、すべての方向から光が差し込んできて大人しい魚だったり、憶病な魚は常に落ち着かないようにしていることがあります。

つまり、常に警戒してしまって体をしっかりと休ませることが出来ないこともあるんですね。

これだと、ストレスがかかって病気や寿命が短くなったりといったことが起こりかねません。

そこで、バックスクリーンを貼ると、その面が「壁」となり光を遮ることができ、いわば障害物があるのと同じで魚は落ち着いて休むことが出来るようになるという訳です。

 

コードや排水管を目立たなくすることが出来る

ヒーターの真っ黒くて太いコード、排水管のパイプなど、結構目立ちますよね。

だからといって、これらを設置しない訳にはいきませんのでバックスクリーン無しだと、目立ったままで飼育するしかありません。

そこで、黒いバックスクリーンを貼ると同じ色の黒いコード類を全て見えにくくすることが出来ます。

実際にコードが目立たないだけで、かなりスッキリとした見た目になります。

ちなみに青系の明るいバックスクリーンを貼ると、コード類は目立ってしまいますが、遠近感といって遠くにあるものは遠く、近いものは近く見えるという効果をより高めることが出来ます。

 

貼ってあるガラス面のコケがとにかく目立たない

これは一部バックスクリーンに限られますが、黒や風景がプリントされているようなバックスクリーンを貼ると、その面に発生するコケが全く目立たなくなります。

つまり、観賞価値を維持することが出来るということですね。

コケ問題はアクアリウムの永遠のテーマともいえるくらい厄介なものですから、バックスクリーンの力を借りて目立たなくするのもいいかもしれませんね。

 

バックスクリーンを貼るデメリット

上記で述べたことの逆がそのままデメリットにもなりますので、それ以外のデメリットについてご説明していきます。

  • 反射しやすいので撮影時に映り込みが起きる
  • 貼る手間が面倒・・・

 

反射しやすいので撮影時に映り込みが起きる

バックスクリーンは光を反射しやすく、水槽内を撮影するときに撮影者(自分)が反射して映り込んでしまうことが多いんですね。

例えば、綺麗な熱帯魚を画像として保存しようとしたり、ブログ記事にのせるために撮影しようとしたとき、カメラやスマホを持った自分がくっきりと映り込んでいたりします(汗

 

貼る手間が面倒・・・

バックスクリーンには2タイプあって、セロハンテープで留めるタイプと、ガラス面に貼り付けるタイプがあります。

このガラス面に貼り付けるタイプは、サイズを調整する(カッターやハサミで切る)必要があったり、スマホの保護シートのように空気が入らないようにゴムへらや定規を使って綺麗に張らなくてはいけません。

まあ、、、一度貼ってしまうとそれでいいんですけどね。。。

水槽にこだわる人は、テープは使用せずに貼り付けるタイプを選ぶ人が多いかもですね。

セロハンテープで留めるタイプは、4つ角と、あとは適当なところを留めればOKなので楽です。

水槽の大きさに合ったタイプのものを購入すれば、特に切る必要もないので、既に立ち上げている水槽にバックスクリーンを貼りたいという場合は、セロハンテープで貼るタイプで十分でしょう。

 

さいごに

バックスクリーンは、貼るメリットは結構大きいんですね。

また、ただ貼るだけで見ごたえのある水槽を作り出すことが出来るので、ぜひ貼ることをお勧めします。

プリント画像も本当に色んなものがあるので、自分の水槽に合ったものを見つけ出してくださいね!

スポンサーリンク