プラティとヤマトヌマエビは混泳可能なの!?混泳を楽しむ為に気を付けたいこと

プラティ


スポンサーリンク


ぷっくり姿が可愛らしく、元気で活発に泳ぎ回る人気魚「プラティ」を飼育している水槽に、コケ掃除でも名高いヤマトヌマエビは混泳できるのかという質問を度々受けます。

プラティは体長が最大で4cm~5cmほど、ヤマトヌマエビも同サイズくらいといった感じで、まあ通常であれば問題なく混泳は可能です。

実際に僕もプラティとヤマトヌマエビを混泳させている水槽があるので、両者を混泳させたときの様子などを書いていこうと思います。

 

プラティとヤマトヌマエビの混泳について

「プラティとヤマトヌマエビは混泳できるのか?」と言われれば、答えは「YES!!!」です。

通常であれば何も問題なく混泳が楽しめます。

プラティは本当に良く増え、少ない数から飼育していたのに気が付けば水槽全体に広がるほど増えるほど繁殖力が強いんですよね(汗

まあ、ぷっくりとした可愛らしい姿をしているので多い数を飼育した方が見ごたえがあって良いという声も多いです。

 

ヤマトヌマエビは、水槽内で飼育するエビ類の中では大型種となります。

とはいっても、体長は最大で5cm程度なので、小型で温和な性格の熱帯魚とは混泳が楽しめます。

まあ、基本的に大人しく、温和な性格の熱帯魚で、同サイズ程度であればヤマトヌマエビとは何も気にしないで混泳させても大丈夫です。

 

ヤマトヌマエビの空腹に注意

ヤマトヌマエビのようなエビ類って、飼育している方なら観察して既にお分かりの方も多いでしょうが、常に何か食べているんですよね。

健康なヤマトヌマエビほど、手の動きが素早く、口のモグモグさせる速度も速いです。

手でモノをつかんで、口に運ぶという動作を高速で行っているのですが、じっくり観察すると本当に面白いです。

 

・・・っと、話がそれましたが、いつも何かを食べているヤマトヌマエビですが、餌が不足すると熱帯魚を捕食しようとすることがあるんですね。

ですが、もし水草が多く茂っているような水槽であれば、水草や水草に発生する微生物やコケなどが餌になりますから餌に困ることはほとんどありません。

ただ、大量にヤマトヌマエビを導入してエサ不足になったときはちょっと注意が必要なんですね。

 

ヤマトヌマエビが空腹で熱帯魚を襲うときは、基本的に夜中で魚が寝ている時、または弱っている個体が標的になります。

ただし、魚が健康体であればヤマトヌマエビのキャッチする力は強くないので、捕まる心配はまず無いです。

ただ、小さい個体や弱っている個体は捕食される危険性があるので、ヤマトヌマエビと混泳させるときはしっかりとした餌付けも必要となってきます。

ヤマトヌマエビが小型の熱帯魚を襲う!?ストレスによる寿命短縮と餌不足による捕食リスクについて

 

ヤマトヌマエビの餌やり(野菜編)

ヤマトヌマエビは、水草水槽で飼育している場合は何も与えなくても問題なく生きていけることがほとんどです。

ですが、たまには何か与えた方が安心ですよね!

プラティと混泳させる場合は、プラティは恐ろしいほど餌をバクバク食べるので、水に沈むタブレットタイプのように沈下性の餌じゃないとヤマトヌマエビに餌が行きわたらないでしょう。

そんな時にお勧めしたいのが野菜を使った餌付けです。

基本的になんでも食べるんでしょうが、中でもキュウリは水槽の水もそれほど汚さないですし、ある程度の硬さがあって与えやすいので便利です。

オトシン系・ヌマエビ系に野菜(きゅうり)を与えてみると想像以上に凄い光景が見られる

 

プラティはヤマトヌマエビに負けないほど草食性が強い

プラティもヤマトヌマエビも基本「雑食」でなんでも食べる生き物ですが、両者に似ているのは非常に草食性が強い生き物だということです。

どれくらいプラティの草食性が強いかというと、以前にホウレンソウとパセリを用いて、与えてみた時の記事を見ていただければ一目瞭然です!

オトシン系に「ほうれん草」を与えると食べるのか!?草食性の強い熱帯魚にも有効

草食性の強いプラティにパセリを与えてみるとホウレンソウ並みの嗜好性が見られた

 

野菜を与えてみると、プラティが群がってきてムシャムシャ食べ始めます(汗

ヤマトヌマエビも同様に野菜に飛びついてきます(笑

両者は案外、似た者同士なんでしょうかね。。。

 

基本的に温和なプラティの中にも気性の荒いものもいる

プラティはとても温和な性格で、同サイズ程度の熱帯魚であれば混泳が可能というくらい大人しいことで知られています。

が、成長するにつれて気性がやや荒い個体がいるのも事実です。

気性が荒いといっても、他の熱帯魚やエビを追いかけまわすようなことはまずないでしょう。

少なくても、そのような個体は見たこと、聞いたことがありません。

強い個体は縄張りを主張して、同種同士で小競り合いをする程度といったところです。

確かに、プラティを飼育していると同種を追いかけまわしたり、追い払ったりする姿を度々目にすることがあります。

ですが、他の熱帯魚にちょっかいを出すといったことはしないんですね。

なので、プラティの気性の個体差は関係なしに、ヤマトヌマエビとの混泳は気軽に楽しめると思っていいでしょう。

 

さいごに

プラティとヤマトヌマエビは、混泳させても全く問題なしです。

むしろ相性がいいといってもいいくらいなので、気軽に混泳が楽しめるでしょう。

この両者を「混泳させても大丈夫!?」という疑問より、増えすぎたプラティをどうすればいいのか。。。そっちの方が問題かもしれませんね(笑

スポンサーリンク