複数の鮮やかな色彩を持つ「ドワーフ・グラミー」の飼育方法や注意点|泡巣を作る面白い繁殖形態にも注目!

グラミーの仲間


スポンサーリンク


熱帯魚には多くの色彩が存在し、中には1個体で複数のカラーを持つ鮮やかな種類の魚だっています。

そんな複数のカラーを持つ、魅力的な熱帯魚を飼育したいと思う人も多いのではないでしょうか。

ここでは、比較的小型の熱帯魚で、複数のカラーを持つ「ドワーフ・グラミー」をご紹介していきます。

「とにかく鮮やかで綺麗な熱帯魚が欲しい!」という方は、ドワーフ・グラミーをチェックしてみてくださいね!

 

ドワーフ・グラミーについて

ドワーフ・グラミーは、インドやパキスタン、バングラディッシュに分布する、スズキ目・ゴクラクギョ科の熱帯魚です。

オスとメスとで色彩に差がありますが、特に美しいのはオスの個体で、鮮やかなブルー・レッド・オレンジ・イエローに染まり、縦線の模様が特徴的です。

古くから親しまれている熱帯魚でもあり、とても丈夫で初心者でも容易に飼うことが出来ます。

そして、この美しさから現在でも、絶大な人気を誇る熱帯魚の一つとなっているんですね。

 

ドワーフ・グラミーの飼育データ

  • 体長:5cm~6cm
  • 水質:弱酸性~中性
  • 水温:20℃~28℃
  • 寿命:3年前後

ドワーフ・グラミーは体長5cmほどの小型~中型の熱帯魚です。

グラミーの仲間には気性が荒く混泳に向いていない種類も多いのですが、ドワーフ・グラミーは性格が非常に温和で、他の小型の熱帯魚との混泳を楽しむことが出来ます。

同種同士では小競り合いをする姿が度々見られますが、混泳できる数少ないグラミーでもあります。

これだけ綺麗な熱帯魚ですから、他の美しい熱帯魚とも混泳を楽しめるのは嬉しい所ですね。

 

オスとメスの色彩の差について

(画像:ドワーフグラミーの「雄(オス)」の個体)

 

(画像:ドワーフ・グラミーの「雌(メス)」の個体)

 

成熟したドワーフ・グラミーは、オスとメスは見た目だけで一瞬で判別できるほど色彩に差が出ます。

オスは、水色・赤色・黄色・オレンジ色など、非常に色鮮やかになります。

対してメスは、シルバー~グレー色と黄色だったり、全体的にグレーベースで、薄い黄色と若干ではありますが縦線部分とヒレの一部に青色が見られますが、基本的に地味です。

繁殖を狙うときは当然ペアが必要ですが、繁殖を目的としない場合や、混泳水槽で鑑賞を楽しむ場合は、断然「オス」の個体がオススメです。

1種類にこれだけ多くの色彩を凝縮したような、鮮やかな小型の熱帯魚は数少ないです。

特に、水草レイアウトに導入すると、体色がさらに映えて美しいです。

 

ホルモン剤を投与された不自然な発色

ドワーフ・グラミーは、その美しさから非常に人気の高い種類となっていますが、この美しさを意図的に引き出すためにホルモン剤が投与された個体が出回っているといいます。

ホルモン剤による発色といえば、ディスカスでも問題になっていましたが、特徴としては、まだ小さいサイズなのに「綺麗すぎる」という、不自然な発色が見られるんですね。

色彩というのは、成熟するにあたって徐々に出てくるもので、小さいうちから成熟したのと同じ美しさというのは、まずありえないことなんですね。

ホルモン剤を投与して美しい発色が引き出された個体は、最初だけ美しく、成長するにつれて徐々に色彩が抜けていくのも確認されています。

また、寿命が極端に短かったり、奇形が出てくる個体など、可哀そうな現実があります。

これはもう、信頼のおけるショップで購入するのが一番と言えるでしょう。

 

ドワーフ・グラミーの繁殖

ドワーフ・グラミーの繁殖は水槽内でも容易です。

グラミーの繁殖形態は面白く、オスが水面に泡を無数に作って「泡巣」を構築します。

浮草なんかを浮かべといてあげると、浮草の葉と葉の間などに泡巣を作ってくれます。

産卵した卵をオスが加えて泡巣の中に入れて管理します。

卵の管理から卵の孵化までの面倒は、すべてオスが行います。

確実に繁殖を成功させたい場合は、卵を別のところに移すか、メスを別水槽に隔離する必要があります。

というのも、オスがすべて管理する反面、メスは卵や稚魚を食べてしまう可能性が高いのです。

まあ、せっかく泡巣を作って卵を管理しているオスには気の毒ですが、回収して安全なところで孵化させて、稚魚を育てた方が確実といえます。

よくベア売りされているので、繁殖にチャレンジしたい方は、1ペアだけを水槽内で飼育して、隔離用の小さな水槽か産卵箱orサテライトを用意しておくといいでしょう。

※稚魚は小さいので産卵箱の隙間から外へ出ることも考えられますのでソコは要注意。。。

産卵箱やサテライトとはこんな感じのアイテムです。(下記リンク参照)

プラティの繁殖方法|産卵ケース・サテライトを使用して安全に稚魚を獲得・成長させよう!

 

さいごに

複数の鮮やかな色彩を持つ、ドワーフ・グラミーは単体で飼うのもいいですし、面白い繁殖形態を持つ熱帯魚でもあるので、繁殖にチャレンジしてみるのもいいですね。

特に、オスの鮮やかな色彩は一見の価値ありです!

水草レイアウト、混泳水槽、何でもマッチしますので熱帯魚で何を飼おうか迷っている方は、ドワーフ・グラミーを導入してみてはいかがでしょう!?

スポンサーリンク