大型水槽の苔(コケ)掃除に大活躍!「セルフィン・プレコ」の飼育方法や導入時の注意点

セルフィン・プレコ


スポンサーリンク


水槽内に発生するコケを食べて綺麗にしてくれる熱帯魚と言えば、「プレコ」は古くからポピュラーな種として愛されています。

プレコって売られている時は小っちゃくて可愛らしい幼魚がほとんどなのですが、成長すると発狂するほど大きくなる種って意外と多いんですよね・・・。

大きいプレコは非常に見ごたえ・飼いごたえがあり、寿命も非常に長いので、プレコだけをメインに飼育している方も少なくないはずです。

そこで、ここでは大型プレコで人気のある「セルフィン・プレコ」をご紹介したいと思います。

派手さはありませんが、全身スポット模様に包まれたカッコいい姿が特徴で、流木とかに張り付いている姿とか絵になって良い感じです(笑

以下では、セルフィン・プレコの飼育方法や導入時の注意点についてご説明していきますね。

 

セルフィン・プレコについて

セルフィン・プレコは、ブラジルやコロンビアに生息する、ナマズ目のロリカリア科に属する熱帯魚、、、つまりナマズの仲間ですね。。。

日本語表記では「セルフィン・プレコ」が多いですが、「セイルフィン・プレコ」という名前でも流通しています。

※どちらも同じ魚です。

 

まず、はじめに、、、このプレコは体長が50cmほどの大型種になります。

ショップに売られているのは、それこそ5~6cmほどの幼魚体がほとんどですが、それを知らずにコケ取りようとして小さい水槽に入れて、おさまり切れないほど大きく成長してしまう。。。

これ、熱帯魚あるあるで結構上位にランクインするほど、経験した方が多いはずです(汗

僕も子どものころ、熱帯魚ショップで小さな「サッカープレコ」ってやつを買って、45cm水槽で飼育していたことがあるんですが、実は40cmを超えるプレコで、最終的にはショップに引き取ってもらったことがありました・・・。

また、飼育しきれなくなったプレコを川に放してしまう人が後を絶たず、暖かい地域や温水域では野生化したプレコも見つかっています。

飼いきれなくなったからと言って放流するようなモラルの無い行動はダメですよね!

どうしても飼いきれない時は、近くで引き取ってもらえるショップを探しましょう!

プレコは小型種の方が少ないので、いずれにしてもプレコを飼育するときは、気になっている種類のものがどのくらいのサイズまで成長するのかを絶対に確認してから購入しましょう!

 

セルフィン・プレコの特徴としては、茶色~茶褐色のボディに黒いスポット模様が無数に入ります。

ちなみに、小さいサイズの個体では体色がやや明るく、スポット模様もハッキリ鮮明に見えます。

・・・が、大きく成長した個体では色彩に深みが増して見えづらくなる、、、が、この渋い姿がとてもカッコイイです!

プレコの背ビレは、船の「帆(帆をあげる。。。とかの帆)」に例えられますが、セルフィン・プレコの背ビレは、特に大きく立派な帆となります!

 

セルフィン・プレコの飼育データ

  • 体長:50cm
  • 水質:弱酸性~中性
  • 水温:20℃~28℃
  • 寿命:10年以上(30年以上生きた記録もある・・・
  • 参考価格:1匹あたり800円前後

 

セルフィン・プレコは、体長が最大で50cmを超える大型の熱帯魚です。

小さいうちは温和であっても、成長するに従い、だんだん気性が荒くなる個体もいます。

小型の熱帯魚との混泳は当然NGですが、中型~大型種の他の熱帯魚であれば混泳は可能です。

かなり丈夫なプレコで、飼育自体は非常に簡単です。

大型の水槽さえあればだれでも飼育が楽しめるでしょう。

ちなみに成長速度がかなり速いプレコで知られ、わずか1年足らずで20cmを軽く超えるほどです。

 

セルフィン・プレコの餌について

プレコは草食性の強い熱帯魚なので、水槽内に発生するコケなどの藻類を積極的に食べてくれます。

ただ、水槽内に発生するコケだけでは足りないことが多いので、基本的にタブレットタイプ(沈下性)の人工飼料を与えるといいでしょう。

草食性が強いと言っても、基本的には雑食なので、人工飼料・生餌・冷凍アカムシなど何でも食べてくれます。

 

また、ちょっと注意があるのですが、プレコはコケ取り能力が非常に強い故に、水草を食害してしまうことが多いんですね。

まあ、これだけ大きなセルフィン・プレコを水草レイアウトに入れることは無いかと思いますが、小さい幼魚の個体であれば比較的小さな水槽にも導入できてしまうので、水草レイアウトに入れるときは注意が必要です。

特に、葉の柔らかい部分は穴だらけの無残な姿にしてしまうことも・・・。

逆に大型水槽のコケ取り役としては、これ以上ない働きをしてくれます!

 

小っちゃいやつで、お勧めのコケ取り生体については以下の記事をご覧ください!

アクアリウム初心者は必見!水槽のコケを掃除(食べる)するオススメ熱帯魚・エビ・貝

 

さいごに

渋い色彩に大きな「帆」を持つ、とにかく見た目がカッコいい「セルフィン・プレコ」。

プレコと言えば流木に張り付いているようなイメージのある魚で、セルフィン・プレコの渋いカラーと流木は非常にマッチして写真に収めたくなるような良き絵になります。

【熱帯魚】プレコと流木は相性が抜群!餌にもなり飼育上のメリットがいっぱい!

 

カッコいいプレコが欲しいという方、、、何よりも「ビッグサイズ」のプレコを飼育してみたいという方には、丈夫で飼いやすく、見た目もナイスな「セルフィン・プレコ」はオススメの種ですよ!

スポンサーリンク